アーヘンでの銀行口座開設。おすすめの銀行と必要書類とは?

ドイツ・アーヘンでの銀行口座の開設方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

銀行選び

ドイツには、有名なDeutsche Bank(ドイツ銀行)や郵便局のPost Bankなどがあります。大都市の場合、支店やATMが多くて使いやすいかもしれませんが、アーヘンでは支店やATMを探すのに苦労します。

そういった点で、アーヘン市内に支店やATMが多い、

Sparkasse Aachen

をお勧めします。

銀行口座の開設時期

銀行口座は、家賃振込みや電話料金の引き落としなど、生活する上で必要なものです。私はアーヘン到着後の活動日の初日

午前:「住民登録」 → 午後:「銀行口座開設」

を行うのが良いと思います。

必要書類

銀行口座の開設には、以下のものが必要です。

  • パスポート
  • 住民登録の写し(Anmeldebestätigung)※コピーで可
  • 銀行口座開設が必要であることを証明する書類(勤務先が滞在許可取得用に発行する「雇用証明書」や、「奨学金の証明書」などで流用できます)
  • ドイツの携帯電話番号(連絡用およびオンラインバンキング用)

口座開設の場所

基本的に、Sparkasse Aachenの本・支店で開設ができますが、英語で開設するには大きな所が良いです。私は以下の本店(Sparkasse Aachen – Hauptstelle)での開設をお勧めします。

アーヘン大聖堂のすぐ横にあります。アーヘン大聖堂へのアクセスについては、以下を参考にしてください。

アーヘン大聖堂の観光。世界遺産第一号?アクセス方法や開放時間を紹介!
アーヘン大聖堂(Aachener Dom)は、1978年に世界で初めて登録された世界遺産です。とは言いつつも、同時に12か所が登録さ...

営業時間

上記のSparkasse本店の営業時間は以下の通りです。

  • 月:09:00-18:30
  • 火:09:00-16:15
  • 水:09:00-16:15
  • 木:09:00-18:30
  • 金:09:00-16:15

予約をすることもできますが、基本的に不要です。直接行って、その場で口座開設可能な場合もあれば、数時間後や後日来てほしいと言われる場合もあります。

口座開設手続き

1.とりあえず行ってみる

上記本店の受付に行き、「口座を開設したい(I would like to open my bank account.)」と伝えると、別室に通されます。もしくは、数時間後か後日に予約が設定されます。(大事ではないですが、飲み物は何が良いか聞かれますので、遠慮せずにお願いしてください。)

2.必要書類の提出、理由の説明

「必要書類一式」と共に、なぜ銀行口座の開設が必要かを説明します。個人的には「家賃を支払う」などの理由よりも「給与を受け取る」や「奨学金を受け取る」などの方が納得してもらえると思います。

3.口座の選択

開設する口座は、決済用口座(Girokonto)になります。Sparkasse Aachenでは「LOGO!」という商品名になります。なお、「LOGO!」には

  • Premium(月額手数料16EUR)
  • Plus(月額手数料9.9EUR)

の2種類ありますが、Plusで十分かと思います。はっきり「LOGO! Plus」と伝えましょう。(若い学生は手数料が無料になるようです)

4.オンラインバンキングの申し込み

合わせて、オンラインバンキングも申し込みをしましょう。ドイツでは、家賃の他にも、交通違反の罰金、医療費などもすべて振込みになります。その都度、銀行に行くのは面倒ですので、オンラインバンキングはあった方が便利です。ここで、オンラインバンキングのワンタイムパスワード(TAN:手続きの度の一回きりのパスワード)の方式を選択する必要があり、

  • 専用の端末を使う方式
  • 携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)で受信する方式

の2種類ありますが、手続きが簡単でわざわざ端末を持ち歩く必要がない、「SMSで(ショートメッセージ)での受信」をおすすめします。

5.手続き完了

すべての手続きが完了すると、契約内容が記載された確認用紙が発行されますので、大切に保管しましょう。数日後に

  • キャッシュカード
  • パスワード(4桁)

が別々に郵便で送られてきます。

必ず郵便ポストに名前を記載しておいてください。記載がないと届きません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする