アーヘンの「ビジネスで使えるレストラン」の紹介

海外では「ビジネスランチ」や「ビジネスディナー」がよく開催されます。アーヘンでも同様で、アーヘン工科大学の教授や研究者、企業のスタッフの方と打合せをして、その後に、「ランチ」や「ディナー」という流れが多いかと思います。そこで、今回は「ビジネスで使えるレストラン」を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Ratskeller(ラーツケラー)

ここは、伝統的な「ドイツ料理」を食べることができるお店です。雰囲気も良く、ビジネス的なディナーだけでなく、金銭的余裕のある旅行者の方にもおすすめです。私の印象では、「アーヘン工科大学」の教授の人が良く利用しているレストランだと思います。

場所は、マルクト広場にある「Rathaus(市庁舎)」の中にあります。アーヘン大聖堂が近くにありますので、合わせて観光することも可能です。

Ratskeller(ラーツケラー)というのは、ドイツの各都市の市庁舎にあることが多く、通常はKeller(地下)にあります。しかし、アーヘンの場合は、地上階(日本で言う1階)にあります。

料金ですが、料理で一人50ユーロ~+ドリンクになりますので、合計で一人当たり60~100ユーロ程度を想定しておいた方が良いかと思います。

インターネットからオンライン予約が可能ですので、ドイツ語を話すことが苦手でも予約することが可能です。

One & Only

このお店は、前回、アーヘンのホテルで紹介したNovotelホテルの前、Best Westernホテルの横にあります。このお店では、ステーキやカルパッチョなど、フランス料理を食べることができます。ミシュランガイド(星の評価じゃない部門)にも掲載されています。

オンライン(メール)での予約が可能ですので、同じくドイツ語会話が苦手な人でも予約ができます。

料金は何を注文するかによって変わってきますが、一人当たり50~100ユーロを想定しておけば良いかと思います。

個人的には、このお店は大好きで、店員さんがほどよくフレンドリーで、なおかつドイツ人および日本人の味覚に合うお店だと思います。

車で行く場合は、Novotelホテルの地下駐車場に停めると、割引を受けることができますので、駐車券をお店の人に提示してください。

Bistro Petit Charlemagne

このお店は、エリーゼンブルネンの広場の近くにあります。同じく、ミシュランガイド(星の評価じゃない部門)に掲載されています。

このレストランは、フランス料理をドイツ料理にカスタマイズしたようなお店(個人の感想)で、上記2つのレストランよりも若干安く一人当たり50ユーロ前後で食べることができると思います。

予算が100ユーロまでかけれない場合は、このレストランが向いていると思います。

このレストランもオンライン予約が可能です。

Sakura Japanisches Restaurant

このお店は、アーヘン中心部から少し離れた、南東部にある「Brand」という地区にあります。タクシーで15分~30分くらいで行くことができます。

このレストランは、名前の通り日本食レストランで、日本人ご夫婦が営んでおられます。店内の雰囲気もすごくよく、静かですので、重要な話をするのに向いているかと思います。料理も大変おいしく、魚からお肉まで食べることができます。

例えば、アーヘンの大学や企業の方をディナーに招待する際に、「ドイツ料理」というのは少し気が引けてしまうことがあります。そんな時は、素敵な日本食を食べることができる、このレストランが最適かと思います。

料理は、コース料理もしくは単品となっており、ディナーの場合は一人当たり50ユーロ+ドリンクを想定しておけばよいかと思います。ランチもやっていて、一人10ユーロ前後でカレーライスなどを食べることができます。

レストランに電話をすると日本語が通じますので、日本語で予約することが可能です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする