アーヘンでの運転免許証の切り替え。どこで申請する?必要書類は?

ドイツ・アーヘンにおいて「日本の運転免許証」を「ドイツの運転免許証」に切り替える(書き換える)方法について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どんな人が切り替え可能?

「日本の運転免許証」を「ドイツの運転免許証」に切り替えるには、以下の2項目を満たす必要があります。

  • ドイツに6ヶ月以上滞在を予定する方
  • 日本の運転免許証の有効期限が6ヶ月以上残っている方

滞在開始後に、日本の運転免許証を更新してしまうと、その免許証をドイツの運転免許証に切り替えが出来なくなります。

詳しくは、以下のページも参考にしてください。

日本の運転免許証の事前更新。住民票を移さなくても実家に住所変更可能?
ドイツ・アーヘン滞在中に日本の運転免許証の有効期限が切れてしまう、といった心配をされている方もいるかと思います。ここでは、日本の運転免許証の...

切り替えのタイミング

ドイツでは、入国後(滞在開始後)6ヶ月間は、

  • 「日本の運転免許証」+「国際免許証」、もしくは
  • 「日本の運転免許証」+「公的なドイツ語翻訳」

のどちらかの組み合わせを携帯することで、運転することが可能です。

ですので、切り替えのタイミングとしては、少なくとも滞在開始後の6か月よりも前に、実施するのが良いですが、ギリギリになって書類不備などで間に合わないケースも考慮して、滞在許可(Residence Permit)が発行されるタイミングが良いかと思います。

なお、申請時に「公的なドイツ語翻訳」が没収されます。交通局のスタッフの方は、「申請中なのは把握しているので、公的なドイツ語翻訳が無くても運転していいよ」と言われてましたが、そういった情報は公式に見つけることができませんので、

  • あらかじめ日本で国際免許証を取得しておく、か
  • 運転をしない時期に運転免許証の切り替えを申請する

など、考えた方が良いかと思います。

所要時間

  • 切り替え申請手続き: 15分+待ち時間(1時間程度)
  • 申請から免許発行まで: 2~3週間程度
  • 受け取り手続き: 15分+待つ時間(1時間程度)

切り替え場所

アーヘン市の交通局(Straßenverkehrsamt StädteRegion Aachen)にて切り替えが可能です。

車でのアクセス

カーナビで「Carlo-Schmid-Str. 4, 52146 Würselen」と設定してください。交通局には駐車場があります。(マクドナルド側から行く場合、交通局の前を通り越して奥側から入ります。)駐車料金は1EURです。なお、Carlo-Schmid-Str.は路上駐車ができますので、その場合は無料です。

バスでのアクセス

最寄のバス停は「Straßenverkehrsamt(Würselen)」になり、1番もしくは16番のバスで行くことができます。アーヘン市中心部の「Bushof」や「Elisenburunnen」、「Aachen Hbf.」から乗車可能です。

なお、ゾーン2(Preisstufe 2、3.55EUR)になるので、注意が必要です。

アーヘンでのバスの乗り方。切符の買い方と便利なアプリを紹介!
ドイツ・アーヘンでバスに乗るのは、ハードルが高いと思われる方もおられると思いますが、覚えてしまえば簡単ですので緊張することはありません。また...
  1. バス停 Straßenverkehrsamtに着いたら、マクドナルドの横の通り(Adenauerstr.)を道なりに歩きます。
  2. 途中でCarlo-Schmid-Str.に変わり、右側に「Straßenverkehrsamt
    StädteRegion Aachen」の建物が見えてきます。

もしくは、タクシーでも行くことができます。

アーヘンでのタクシー利用。電話しなくて大丈夫!?便利アプリ紹介!
ドイツ・アーヘンでのタクシーの利用は、他の英語圏の国と比べて、ハードルが高いと思います。ここでは、アーヘンでのタクシーの呼び方や料金の目安に...

営業時間

営業時間は次の通りです。土曜日や平日の朝早くにも営業していますので、便利です。日本もこうなれば良いのですが・・・

  • 月曜日・木曜日: 7:30~15:00
  • 水曜日: 7:30~12:30、14:00~17:00
  • 火曜日・金曜日: 7:30~12:30
  • 土曜日: 7:30~11:00

予約は不要です。

必要書類

  • 住民登録の控え(念のためですが、通常は不要です)
  • パスポート
  • 滞在許可証(Residence Permit) ※申請中でも可能でした
  • 写真(縦45mm、横35mm) ※パスポート規格
  • 日本の運転免許証(申請時ではなく、受取時に回収されます)
  • 免許証の公的なドイツ語翻訳(※)(申請時に回収されます)
  • 費用:35EUR

※「公的なドイツ語翻訳」として、在デュッセルドルフ総領事館で取得可能な「自動車運転免許証抜粋証明」(15EUR、4営業日必要)が利用可能です。

手続き方法

  1. 申請前に「日本の運転免許証」の写し(コピー)を必ず取っておきましょう。
  2. 交通局の正面玄関を入って左側の長い廊下を進むと、階段がありますので、そこを上がると「Führerscheinstelle」(運転免許証窓口)の看板があります。
  3. 整理券を取って、自分の順番を待ちます。
  4. 自分の番号が呼ばれたら、その横に表示されている番号のオフィスに向かいます。
  5. 「日本の運転免許証をドイツの運転免許証に書き換えたい」旨を伝えて必要書類を提出すると処理してくれます。
  6. 指示に従って、用紙に「Yes/No」の記載とサインをします。
  7. カードを渡されますので、整理券の発券機近くに、ATMのような機械(Kassenautomat)がありますので、そこにカードを入れてお金(35EUR)を払います。この時、2枚の領収書が発行されます。
  8. 先ほどのオフィス(整理券を再度取る必要はありません)に戻って、1枚の領収書を渡すと申請手続きは終了です。

受け取り方法

  1. 2~3週間程度で、受け取りのための「引換はがき」が到着します。
  2. その「引換はがき」を持って、申請場所と同じ場所に向かいます。
  3. 申請時と同様、整理券を取り、順番を待ちます。
  4. 順番が着たら、「日本の運転免許証」と「引換はがき」を提出すれば、「ドイツの運転免許証」を受領できます。(パスポートや滞在許可証も持参しましょう!)

取得後

回収された「日本の運転免許証」は、原則として、約1年後に日本大使館を通じて返却されます。しかし、現実的には返却されない場合もありますので、日本帰国時に再発行手続きが必要です。再発行手続きを円滑にするために、切り替え申請前に「日本の運転免許証のコピー」を必ず取って、保管しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする