ドイツの健康保険について・・・滞在許可証申請時に「認められる」保険と「認められない」保険

ドイツで滞在許可(Residence Permit)を申請する場合、ドイツ国内で有効な健康保険に加入する必要があります。通常、海外旅行などに行く際に加入する一般的な旅行保険や、クレジットカードに付帯されてる保険では、まず許可されません。

ドイツの健康保険の種類

ドイツの健康保険は、公的保険とプライベート保険との2種類があります。どちらでも滞在許可を申請することが可能です。

費用は「公的保険」の方が安く「プライベート保険」の方が高い傾向にあります。ですので、学生さんは「公的保険」、社会人は「プライベート保険」が多いのではないかと思います。

なお、病院などでは「プライベート保険」の方が何かと優遇されます。

どうやって入るのか?

公的保険(留学生など)

アーヘン工科大学などで、学生登録をする人は、大学が保険を紹介してくれます。AOKなどがあるようですので、こちらのページを参考にしてください。なお、企業から派遣されて学生登録をする人は、公的保険でなく、何かと優遇されるプライベート保険に入ってもよいかと思います。

プライベート保険(社会人など)

まず、ドイツの現地法人などから給与を受け取る人は、その現地法人と提携しているプライベート保険があるかと思いますので、所属する会社に問い合わせてみてください。

上記の場合ではなく、

  • 企業から派遣されるものの日本法人から給与を支給される人
  • 大学からの客員教授・客員研究員
  • 何も情報がない人
  • 事前に健康保険を登録しておきたいという人
  • 日本語でサポートを受けたい人

については、数年間の滞在する人向けに保険があります。その保険の一例として、ステップインの保険があります。ステップイン自体は保険の代理店で、保険自体はドイツの大手保険会社Allianzが運営しています。

ステップインの保険の種類としては、

  • コンパクト(診察毎に自己負担額があり)
  • ファーストクラス(自己負担額なし)

ここで、「滞在許可(Residence Permit)」の申請時に、コンパクトでは補償内容が不十分として、受け付けてくれない場合があります。ステップインに問い合わせをすると、「ドイツの都市によって運用が異なる」とのことでした。

よって、「滞在許可」を取得する人は「ファーストクラス」に加入する方が良いかと思います。

ステップインの保険は、日本に来る前から保険に加入でき、以下の特徴があります。(ステップインのホームページより)

  • 日本人スタッフのサポート
  • アリアンツの充実補償
  • 歯科治療の補償(待機期間なし)
  • 妊娠時の補償(待機期間なし)
  • 保険会社による24時間対応の緊急ホットライン
  • 現地での救援サポート
  • 本国を除き全世界で保険適用
  • 各種ビザ申請に対応
  • 加入期間は1週間~36ヵ月間まで
  • 保険始期日に51歳未満
  • 早期帰国の際に中途解約が可能
  • 旅行保険仲介業者として商業登記(D-D3M9-7F3JV-73)

保険の目処がたっていない人は、ご検討ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

病院に行くには?

アーヘンの病院に関しては、以下のページをご覧ください。

アーヘンの病院事情・・・緊急時はどうする?小児科は?かかりつけ医が必要?
ドイツと日本は健康保険制度こそ似た部分がありますが、実際に診察を受けるとなると大きく異なります。アーヘンで安心して暮らしていく上での病院事情...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする