ドイツ食材で日本食を作る裏技とは?アーヘンで「ねぎトロ丼」を食べる!?

ドイツ・アーヘンでは、日本の食材を手に入れるのは難しいです。デュッセルドルフに行けば、それなりの物が手に入りますが、頻繁に行くこともできませんし、そこそこの費用がかかります。

そこで、ここではドイツ食材を利用した「なんちゃって日本食(和食)」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「お米」が無いときの対処方法?

日本のお米が無い時の対処方法について紹介します。ドイツの大型スーパーには、アジア食材コーナーがあり、パサパサした長いお米が売られています。これはこれで、チャーハンやスープ系の食事とよく合うので美味しいのですが、やはり日本人は「水分が含まれたご飯」を食べたいですよね?

そんな時には、ミルヒライス(Milchreis)をおすすめします。もともと、ミルヒライスはお菓子作り用のお米なのですが、日本のお米同様、水分を良く吸うので触感が似ています。お菓子コーナーに小さな袋で売られていますので、緊急の場合は試してみてはいかがでしょうか?

「かつ丼」が食べたいときは?

これを思いつく人は多いと思います。ドイツには日本の「トンカツ」に似た「シュニッツェル」があり、冷凍食品のコーナーでもよく見かけます。

この冷凍の「シュニッツェル」はオーブンで焼くだけなので、簡単に「カツ」を手に入れることができます。

あとはフライパンで、玉ねぎ、卵、醤油、みりんなどと一緒にカツを温めて、ご飯の上に乗せれば、かつ丼の完成です。

醤油はみりんなどの調味料は、以下のページを参考にしてください。

アーヘンで日本食料品を買う3つの方法とは?お米や調味料はどうやって入手する?
アーヘンから約100kmに位置するデュッセルドルフには、日本食料品店が沢山あり便利なのですが、「重たいお米を電車に乗せて・・・」「醤油1本買...

「ねぎトロ丼」が食べたくなったら?

ドイツのスーパーには、メット(Mett)と呼ばれる生の豚肉が売られています。法律等で厳しい衛生管理がなされていて、大人であれば安心して食べれるようです。

私は、このメット(Mett)刻みネギを足して、それをご飯の上に乗せて「ねぎトロ丼風」なものをよく食べています。

厳密には「若干違うな~」という感じもするのですが、食べ物としては美味しく(私の味覚は信用できませんが)食べることができます。

「サーモンのお刺身」が食べたいとき?

アーヘンでは「お刺身で食べれる魚」が入手困難です。そんな時におすすめなのが、アボガドです。見た目は全然違いますが、生のアボガドを醤油で食べると、「サーモンのお刺身」のような気がしてきます。味覚オンチな私が言うので、味覚オンチな人は試してみてください。

「いくら丼」が食べたい気分?

「ねぎトロ丼」や「サーモンのお刺身」のような、なんちゃって日本食ではなく、正真正銘の「いくら」をドイツでは手に入れることができます。大型スーパーのスモークサーモンなどが売っているコーナーに「Lachskaviar」という、「いくら」そのものが売っています。そのままご飯にかけると「いくら丼」の完成です。

さらに、メットとアボガドを合わせれば、なんちゃって「海鮮丼」ができます。お暇があれば試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする