ドイツ人へおすすめの日本のお土産。好まれる物と好まれない物

ドイツ人は、食べ物に対して保守的と言われています。日本からドイツに留学や仕事で来る際に、手土産をどうしようか悩ましいかと思います。そんなドイツの方々に好まれる日本のお土産について紹介したいと思います。

ちなみに、以下で紹介する内容は、アーヘンの限られた私の周りのコミュニティでの話ですので、ドイツ全般に当てはまらないかもしれません。参考程度にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

日本からのお土産で好まれる物(おすすめ)

抹茶味のキットカット

ドイツ人は、チョコレートが大好きです。日本のチョコレートのお菓子はクオリティが高く、好まれるケースが多いです。また、キットカットは万人受けするお菓子です。そんな好まれるもの2つに、さらに「抹茶」という日本伝統の風味・色合いがコラボした、抹茶キットカットは、非常にウケがいいです。特に気軽に渡せる友人や同僚であれば、金額的にも安価ですし、便利な手土産の一つです。

抹茶味のバームクーヘン

バームクーヘンはドイツのお菓子です。ただし、あまり見ることはありませんが、たまにクリスマスマーケットや、お菓子専門店で見かけることがあります。そんなバームクーヘンに、日本の抹茶がコラボして、大変好まれます。キットカットとは異なり、高級なものもありますので、かしこまったお土産としても利用できます。

抹茶カフェオレ

抹茶シリーズが続きますが、スティック状の抹茶カフェオレが売っています。これの評判が結構良いです。リピートで「また買ってきてほしい」と言われることがあります。ドイツ人はカプチーノを飲む人がいるので、甘いコーヒー系飲み物が好きなのかもしれません。

チョコレート系お菓子全般

例えば「白い恋人」など、クッキーとチョコレートがコラボしたお菓子などは好まれる傾向があります。私の勝手な推測ですが、ドイツのスーパーには、バターがよく効いたクッキーが売っているので、大好きなチョコレート+クッキーは堪らなく美味しいのかもしれません。

緑茶パック

ドイツのスーパーにも緑茶のパックが売っています。緑茶の本場は日本やアジアだと思っている人が多いので、「日本の緑茶」は高級感を感じるのかもしれません。また、ドイツの人は風邪をひいたときに、緑茶を飲む人が多いように思いますので、実用的なお土産かと思います。

「人によりけり」だった日本からのお土産

おまんじゅう系

ドイツ人の中には「あずきの餡子」に不思議さを感じる人がいるみたいで、好きな人もいれば、渋い顔をする人もいました。一方で、デュッセルドルフにあるパン屋さんの「あんぱん」が大好きなドイツ人もいて、慣れるのに時間がかかるのではないかと思います。

お魚系

一度、「さんまの蒲焼」の缶詰を持って行ったことがありますが、みなさん不思議がっていました。あまり魚を食べる習慣がないというのと、見た目が茶色だったからかと思います。一方、日本食レストランなどには、「鮭の照り焼き」がメニューにあり、ドイツ人がこぞって注文しているのを見ました。魚種によるのか、慣れなのか、わからないです。。。

あまり評判が良くなかったお土産

おかき

日本のお土産の定番といえば「おかき」です。あまり重たくもなく便利なお土産なのですが、残念ながら私の周りでは評判がよくありません。その理由を聞いてみると「塩辛いクッキー」と感じるようです。

さきいか

あまりお土産で「さきいか」を持ってくる人はいませんが、お好みではないようです。たぶん、あの匂いと硬さに驚いてしまうのだと思います。

まとめ

まとめると、「洋風の甘さ」があるお菓子は全般的に好まれます。一方で、完全な日本古来のお菓子は、ドイツ人にとっては未知との遭遇になり、保守的思考が働いてしまって、拒絶反応を示してしまうかもしれません。

ちなみに私の周りのドイツ人はあまりお土産のやりとりをしません。「悩むくらいなら、お土産をわたさない」というのもアリかと思います。

その代わりに、ケーキを買ってきて振る舞うというのが良いかもしれません。(実際にこういうドイツ人が何人かいました)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする