マーストリヒト・アーヘン空港は使い物になるか?を調べてみた

アーヘンへのアクセス方法として、以前、「アーヘンの最寄り空港」を紹介しました。しかし、アーヘンと名前が付く空港「マーストリヒト・アーヘン空港」(空港コード:MAA)があります。この空港の使い勝手について調べてみましたので、紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

マーストリヒト・アーヘン空港の位置

マーストリヒト・アーヘン空港は、オランダのマーストリヒトにあります。アーヘンからは北西に約40kmのところに位置しています。

マーストリヒトとは、社会(世界史?)でも出てくるEU(ヨーロッパ連合)の起点となった「マーストリヒト条約」が結ばれた場所でもあります。街自体は、古い町並みとモダンなお店が混在した、たいへんおしゃれな街です。

空港へのアクセスは、車もしくはバスとなっていて、オランダ国鉄の「Maastricht駅」「Sittard駅」「Beek-Elsloo駅」から、59番のバスでアクセスできるようです。

日本からのアクセスに使えるか?

正直なところ、日本からのアクセスには使えません。現在、就航している航空会社のほとんどは、LCC(ローコストキャリア)です。

では、どんな場所に就航しているか、見ていきたいと思います。

マーストリヒト・アーヘン空港の就航先

上記の画像は、空港ホームページから抜粋した就航先です。主にヨーロッパ周辺となっており、ポルトガル、スペイン、イタリア、ポーランド、ギリシャ、トルコなどに就航しています。

社会が苦手な私には、聞いたことがない地名なので、どれも地方都市だと思います。

ポルトガル(Faro)

Faroはポルトガルの南にある港町です。ここから、ポルトガルの有名な観光地「リスボン」にアクセスできるかというと、車で約300km・・・難しいですね。電車もあるようですが、4時間弱かかるようです。

スペイン(Alicante、Girona)

スペインには、「Alicante」と「Girona」という2つの都市に就航しています。その中でも「Girona」は、バルセロナから約100kmの所に位置していて、観光に使えそうです。車で約1時間、電車だと約40分で行くようです。

アーヘンからバルセロナに行く場合は、「Girona」経由を考えても良いかもしれません。ちなみに空港ホームページによると、2017年は夏限定のようです。。。

イタリア

イタリアには「Bari」という南側の都市に就航しています。あまりイタリアには、詳しくないですが、一番近い有名都市「ナポリ」でも約300kmのようです。

ポーランド

ポーランドは「Katowice」という都市に就航しています。日本語版ウィキペディアにも載っているので、若干期待をして見てみたのですが、「工業都市」とのことです。たぶん、観光地ではないです・・・

ギリシャ

ギリシャには「Heraklion」という都市に就航しています。この都市は「クレタ島」の北部にあるようです。港町なので、行ってみると楽しいかもしれません。近くの海はエーゲ海です。

トルコ

トルコの「Antalya」(アンタルヤ)という都市に就航しています。ここはトルコの観光都市でリゾート地となっているようです。トリップアドバイザーでは、きれいな海の写真があって、一度、行ってみたくなります。

まとめ

マーストリヒト・アーヘン空港について調べた結果をまとめると、次の通りです。

  • 日本からのアクセスについては使えない。
  • スペインの「バルセロナ」に行く時に、「Girona」まで飛行機+電車40分という使い方ができる。ただし2017年は夏のみ。
  • トルコの「アンタルヤ」というリゾート地に行ける。

マイナー都市に行く場合は、くれぐれも安全情報をよく調べてから行ってください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする